V-SEC手のひら静脈認証勤怠管理システム

手のひら静脈認証 勤怠管理システム「V-SEC(ブイセック)」は、「タイムカード」や「出勤簿」と同様、出退勤を管理するものです。
従来は出勤・退勤時、各自がタイムカードをガチャンと打刻したり、出勤簿の自分の名前に印をつけていた作業を、この「V-SEC」では手のひらを専用センサーにかざすことで打刻し、その時刻が自動的に記録される仕組みになっています。また記録されたデータは自動集計され、給与ソフトに連動できます。

「V-SEC」 は手のひらの静脈を読み取ることで、代理打刻による不正な人件費を抑えたり、給与計算のためのタイムカードや出勤簿の集計作業からの解放、タイムカード等のサプライ品の購入が不要など、様々なメリットを生み出します。

「V-SEC」 は、現在あなたの会社で使用している勤怠管理業務を単に楽にするだけのシステムではありません。企業活動でもっとも見えづらい「不要な人件費」を排除、正しく見直し、「健全な経営を守る」ためのシステムです。

 
 


勤務時間は自動集計し、給与ソフトに連動できます。「欠勤」「早退」「遅刻」などももちろん自動で記録。細かい字を見ながら入力する必要はないので、ケアレスミスも予防できます。
これまで集計業務に要していた手間・時間が大幅削減することから、人件費を有効に使うことができるようになります。
従業員同士の代理打刻は、一度行うと習慣化する場合が多くみられます。遅刻や早退の帳消、カラ残業が発覚した場合、管理者の責任まで問われる場合もあります。
手のひら静脈であれば、一切のなりすましは不可能。正確かつ健全な人件費を把握することができます。
多くの管理者がシフト作成の作業に時間を割いています。必要な時だけ必要な労働力が欲しい時代。「V-SEC」 では労働力の状況を瞬時に把握でき、急なシフト変更にもすぐ対応できます。
繁忙期や予算を考慮し、効率的な人員配置が可能。確実な利益確保に貢献します。

毎月締日に各拠点からタイムカードを本社に郵送。同じ拠点でも出入口が違うから出勤専用・退勤専用のタイムカード準備。慣れてはいるものの「面倒」と感じたことはありませんか?
ネットワークを使っているから、そんな面倒は全部システムが引き受けます。
「タイムカードが送ってこないから締められない」「分からないことを責任者に聞きたいが不在」
そんなイライラはすべて解消です。

必ずPC操作が苦手な方がいらっしゃるものです。でもご安心ください。銀行のATMはほとんどの方が操作しているはず。その感覚で「ボタン」を押して手をかざすだけです。
タイムレコーダーの出退勤メモリをつい見ずに打刻して、出勤時に退勤時間を打刻することもありがち。また他人のタイムカードを間違って押してしまう、そんな小さな心配もありません。
多くの従業員がいればいるほど、入社・退職等、人の動きも日常茶飯事です。またICカードやタイムカードなどの紛失の可能性も高まります。
認証は手のひら、データはサーバで管理しているため、カードの準備や紛失、返却などへ気を配る必要がありません。リスクや作業を減らすことが可能です。
 
「PC操作は時間がかかってなじめない」それぞれ得手不得手はあります。無理に覚えようとしても疲れてしまい、せっかく導入しても使わなくなった・・・という例もあるでしょう。
「紙の方が見やすい」という方のために、現在ご利用中の「慣れた書式」にカスタマイズすることも可能。管理者が使いやすいことが大切です。システム導入時の違和感をできる限り軽減いたします。
勤務は出勤・退勤だけではありません。営業担当者の直行直帰や出張、有給休暇、忌引、特別休暇など、本人が勤怠を入力できない色々な状況が発生します。また交通機関の遅れによる遅刻も想定できます。
いつでも管理者が入力・修正できるように設定することが可能です。また別の部署の管理者がアクセスできないよう、個人個人のアクセス権を設定することもできます。
まずタイムカードや帳簿といったサプライ品は一切不要となります。
またシステムにありがちな「毎月のシステム使用料」もV-SECでは一切必要ありません。かといって、大掛かりなサーバーなども必要ありません。
初期投資が非常に安くても、年間を通してみると、利用料は結構高くつくもの。保守契約もご希望の場合だけご相談ください。


お客様に応じたカスタマイズ例の一部  ※画像をクリックすると拡大表示します。
勤務区分が複雑なクライアント様対応。
通常の出勤/退勤以外に、クライアント様独自の勤務区分を追加しました。
社員の管理に画像データを追加。その他、1人当たりの手の平静脈登録数を8まで拡張。労働環境が苛酷で、寒暖の差が激しい場合、夏用と冬用の2種類の手のひら静脈を登録する運用になります。
未退勤(遅くまで残っている)社員、協力会社社員を一覧表示。さらに、その所属長の名前、連絡先まで表示します。緊急時、所属長に連絡して、なぜ残業しているかを問合せる運用になります。
 


 

 
※手のひら静脈センサー以外のPC等ハードウェアは含まれておりません
手のひら静脈認証 勤怠管理システム「V-SEC」
スタンドアロン版
「Palmo」
当システムの詳細は
こちら
認証用ソフトウェア
管理用ソフトウェア
システム要件
OS対応
Windows 8.1・ Windows 8.1pro ・ Windows7 ・ Windows Server 2012 ・ Windows Server 2008
メモリ
2GB以上
ハードディスク・USB
アプリケーションとして50MB(データ領域は運用方法で異なります。詳しくはお問い合わせください。) ・ USB2.0ポート×1
ディスプレイ

1024×768以上

基本性能
勤怠入力(手のひら)
勤怠入力(ID入力)
勤怠データ修正
勤怠データ出力
シフト表作成
仕様
登録可能人数
無制限
無制限
100人まで
登録可能手のひら数
800手×部門数
800手×部門数
100手
シフトパターン
200種類
200種類
30種類
出力内容
個別 ・ 全体
個別 ・ 全体
個別 ・ 全体
出力項目
49項目
49項目
45項目
クライアント追加
対応可能
対応可能
カスタマイズ対応
対応可能
対応可能
保守
導入サポート
対応可能
対応可能
対応可能
機器保証期間
1年間
1年間
1年間
年間保守
対応可能
対応可能
サポート体制
E-Mail/電話
E-Mail/電話
E-Mail/電話
標準ライセンス
1ライセンス
1ライセンス
1ライセンス
手のひら静脈センサー
1台
1台
パッケージ内容
アプリケーションCD
アプリケーションCD
アプリケーションCD
手のひら静脈センサー
手のひら静脈センサー
取扱説明書
取扱説明書
取扱説明書
価格
システム価格
お問い合わせください
お問い合わせください
年間保守費用
お問い合わせください
お問い合わせください





従業員100名以下、かつ、1拠点(1出入口)の企業様はスタンドアロン版Palmoのページをご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。